キャリアに依頼した際の修理デメリット

すぐに対応してもらえないことがある

2016年頃から、各キャリアショップでもiphoneの修理を扱い始めました。もし、使っているiphoneが壊れた時はキャリアショップに行くことがあるかもしれませんが、すぐに修理してもらうことは難しいです。キャリアショップの修理サービスを受けるには事前予約が必要で、実際に修理をしてくれるのは予約した当日です。その日にショップまで行き、状態確認と費用の見積もりをしてようやく修理が始まるため、短くても完了まで数日かかります。保証サービスに加入していても優遇ということはなく、修理してもらうには予約して待たなければなりません。また、保存したデータは保障されておらず、基本的に初期化されます。予約やデータのバックアップが必要と、キャリアショップでの修理は手間がかかります。

型落ちした端末は保証されない

iphoneが壊れたら確実に修理してもらえるかというと、そうならないことがあります。iphoneには保証期間が設けられており、これを過ぎた端末は修理を断られることがあります。使っている端末に愛着が湧いた人は、型落ちしてもずっと使っていることがありますが、それが壊れた時は修理してもらえないことがある訳です。Apple本社でも同様なことが多いため、型落ちしたiphoneを正規サービスで直すのは難しいと言えます。もし、型落ち端末を使っているなら、壊れる前に正規サービス以外の修理業者を探しておくのがおすすめです。費用が安かったりデータを初期化せずに修理してくれたりするところもあるので、保証期間から外れるまで長く使う場合でも、故障した時の備えがしっかりできます。